産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「当たり前のように立っている電柱にストップをかける」 無電柱化条例案の概要公表

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「当たり前のように立っている電柱にストップをかける」 無電柱化条例案の概要公表

定例会見を行う、小池百合子都知事=31日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=31日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「それから、21世紀型ということを申し上げたわけでありますけれども、ワイズスペンディング、賢い支出で、そして、それを、21世紀型というのは、やはりグローバルで、そしてまた、女性も男性も子供も大人もということで、ダイバーシティー、そういったことを念頭にしながら、この都政に当たっていくという意味で、21世紀型。やはり20世紀というのとは、これはグレードを変えていかなければならないと思っております」

 --築地市場の移転問題だが、市場問題プロジェクトチームが築地再整備案というのを、工事費500億円から800億円で、工期6年という形で発表した。知事はこの案について、実現の可能性の面から、どう評価するか。また、都として、調査費をつけて検討する考えがあるか

 「後半のご質問からお答えいたしますと、まさしく戦略本部でもって、それらのことも議論するということであります。その際に、今回、プロジェクトチームから出されたという案につきましては、セカンドオピニオン、サードオピニオンの形。それと、昔、何千億円かけて、400億円かけて工事をして、そして、さらに工事を進めていくためには、二千何百億ですか、かかるという、そういった数字でございますけれども、今回のは、そのときからもかなり事業者の数が減っていることによって種地が確保できるという前提のもとでの数字だと聞いております」

 「動かしながらということについては、東京駅とか難波の高島屋などは営業しながら徐々に変えていったという例があるというような話で、一案として私は受け止めているところでございますし、それらのことも含め、既にいろいろな検証、そして数字が上がってきております。そこを全部縫合する形で今回、市場のあり方戦略本部で整理をしていこうということでございます」

続きを読む

「ニュース」のランキング