産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅】シュトゥーバイタール鉄道(3) 撮り鉄なら押さえたい“絵本の世界”を駆け抜ける真っ赤な車体

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅】
シュトゥーバイタール鉄道(3) 撮り鉄なら押さえたい“絵本の世界”を駆け抜ける真っ赤な車体

この路線は停車する駅舎もチロルらしくかわいいデザイン この路線は停車する駅舎もチロルらしくかわいいデザイン

 チロルの州都インスブルックを出発して約18km。シュトゥーバイタール鉄道は終点フルプメスに到着した。フルプメスは絶景が広がるシュトゥーバイ渓谷のなかでもっとも大きな村で、かつては鉄鉱山により繁栄していた。100年以上の歴史を誇るこの鉄道が開通したのは1904年のこと。以前はシュトゥーバイ山岳鉄道として独立したひとつの路線だったが、1983年にインスブルックの路面電車と接続して現在のかたちになったそうだ。

 チロルの農村ムッタース村を出発すると、車窓には「これぞチロル!」と叫びたくなる絵本のような世界が広がっている。アルプスの雄大な自然のなかでカウベルを鳴らしながらゆったり歩く牛やモコモコした羊の群れ。チロルの住人たちは家畜の世話をしながら、晴れた日には屋外にテーブルを出し、この景色のなかでのんびりワインを飲み、手作りのチーズやハムをつまみながらおしゃべりを楽しむそうで、こんな人生もあるのだなぁと、東京で時間に追い立てられる我が身を振り返ってしまう。谷にかかっている高架橋「ヨーロッパ橋」の遥か先はイタリアへ続いている。

続きを読む

このニュースの写真

  • シュトゥーバイタール鉄道(3) 撮り鉄なら押さえたい“絵本の世界”を駆け抜ける真っ赤な車体
  • シュトゥーバイタール鉄道(3) 撮り鉄なら押さえたい“絵本の世界”を駆け抜ける真っ赤な車体
  • シュトゥーバイタール鉄道(3) 撮り鉄なら押さえたい“絵本の世界”を駆け抜ける真っ赤な車体
  • シュトゥーバイタール鉄道(3) 撮り鉄なら押さえたい“絵本の世界”を駆け抜ける真っ赤な車体

「ニュース」のランキング