産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「早実勝ち上がった」 豊洲、総合的判断で「市場のあり方戦略本部」 五輪PRバッジをマグネットに 「英語を楽しく使って人生を豊かに」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「早実勝ち上がった」 豊洲、総合的判断で「市場のあり方戦略本部」 五輪PRバッジをマグネットに 「英語を楽しく使って人生を豊かに」

定例会見を行う、小池百合子都知事=24日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=24日午後、東京都新宿区の都庁(菊本和人撮影)

 「都庁のテーマは山ほどありますけれども、オリンピック・パラリンピック専任、そして豊洲、築地問題専任ということで、オリンピック・パラリンピックの問題はこれからも、2020年まででありますけれども、これまでの過去の、悪いけれども、負の遺産みたいな話については、ここは集中してやっていきたいと。そのための専任であり、中西さんが私は最適だと、こう考えたところであります」

 --市場移転問題で2点。あり方戦略本部で、再整備費用の試算をするのか。もう一つは、移転問題を都議選の争点にするとの考えは変わりないか

 「豊洲市場についての分析と、それから築地市場の分析と、両方進めていきます。環境問題からどうなのか、耐震性などでどうなのかということで、これまでも、予算委員会などでもそういった切り口で質問をされる方々、議員の先生方もおられました。やはりそこでテーブルに上げてみるという意味では、築地の場合、何ができるのかということで、そういったご提案も他であるとも聞いております。というか、これまでも随分試みてこられたわけでございます。もっとも、その当時のかかる費用と、今はどうなっているのかというのは、ちょっと古い数字とかを参考にできるのかどうかといった点もあろうかと思います。ここは虚心坦懐に、いろいろなことを調べてみるということで、その意味で、現状では二者択一だということを申し上げてまいりました」

 「それから、争点にするかどうかということでありますけれども、これについては、争点というか、都民の皆さんに、これまでのずっと経緯も含めて、争点というか、やはり都民イコール消費者であり、業者の方々ということであります。ですから、それが第一の争点で、そのための都議選にするというのは、ほかにもテーマいっぱいありますから、ですから、それそのものを掲げて旗印にどうこうということは考えておりません」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング