産経ニュース

【ニュースの深層】東京・タクシー初乗り引き下げ「その後」 ちょい乗り効果、利用者増 「中長距離値上げ」で苦情も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
東京・タクシー初乗り引き下げ「その後」 ちょい乗り効果、利用者増 「中長距離値上げ」で苦情も

初乗り運賃の改定で、東京のタクシーは「ちょい乗り」が増加。一方、中長距離の値上げをめぐって苦情も寄せられている=東京都北区(川口良介撮影) 初乗り運賃の改定で、東京のタクシーは「ちょい乗り」が増加。一方、中長距離の値上げをめぐって苦情も寄せられている=東京都北区(川口良介撮影)

 国交省の別の調査によると、東京のタクシー会社による平成26年度の輸送人員は19年度のほぼ4分の3に減少。右肩下がりの需要を食い止めるのが、新運賃制度導入の狙いだった。

 JR新宿駅西口のタクシー乗り場では、病院職員の女性(64)から「荷物が多いときなどに乗りやすくなる」との声を聞いた。英国から仕事で来日した会社員の男性(43)は「1日2、3回使っているけど、ロンドンより安い気がするね」とご機嫌だ。

「何もしないよりいい」

 では、収入面ではどうか。国交省は1月30日から2週間、新運賃を導入した19社の計1193台について、1日1台当たりの運送実績を調査。この結果、2キロ以下の利用回数は前年比で約17%増えたものの、収入は昨年の5582円から5132円へと約8%減少していた。6・5キロ以上では回数は変わらず、収入が2万2329円から2万3146円へと約4%増加。全体では回数が約6%、収入が4万6858円から4万7943円へと、1千円ちょっと(約2%)増えた。

 短距離の減収分を中長距離で取り返し、「やや増収」につなげた格好だ。東京ハイヤー・タクシー協会によると、全体的に同様の傾向が見られるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東京・タクシー初乗り引き下げ「その後」 ちょい乗り効果、利用者増 「中長距離値上げ」で苦情も

「ニュース」のランキング