産経ニュース

【ニュースの深層】東京・タクシー初乗り引き下げ「その後」 ちょい乗り効果、利用者増 「中長距離値上げ」で苦情も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
東京・タクシー初乗り引き下げ「その後」 ちょい乗り効果、利用者増 「中長距離値上げ」で苦情も

初乗り運賃の改定で、東京のタクシーは「ちょい乗り」が増加。一方、中長距離の値上げをめぐって苦情も寄せられている=東京都北区(川口良介撮影) 初乗り運賃の改定で、東京のタクシーは「ちょい乗り」が増加。一方、中長距離の値上げをめぐって苦情も寄せられている=東京都北区(川口良介撮影)

 東京地区で初乗り運賃を引き下げた大手タクシー会社3社で、2キロまでの短距離利用が前年に比べて増えていることが各社への取材で分かった。国土交通省の調査でも同様の傾向が出ており、狙い通りに“ちょい乗り”需要が喚起されたといえるが、同時に実施した中長距離利用時の値上げや運転手の接客態度に関する苦情もゼロではないようだ。(池田証志)

順調な滑り出し

 東京23区と武蔵野市、三鷹市で1月30日に導入された新運賃制度では、2キロまで730円だった初乗り運賃を、約1キロまで410円に引き下げるなどした。約1・7キロまでは旧運賃より割安だが、加算ペースが上がるため6・5キロ以上は割高になる。その間の距離では割安になることも割高になることもある。

 大和自動車交通では1月30日~2月28日の約1カ月間、2キロまでの利用が前年同期間に比べ約15%多い約15万8千回を記録。6・5キロ以上の利用も約5万9千回で約3%増加した。全体では約7%増となった。

 日本交通も同期間の2キロまでの利用回数が約19%、6・5キロ以上が約11%、全体が約14%と全て増加。同様に国際自動車は2キロまでが約21%、6・5キロ以上が約6%増え、全体でも約12%増えた。3社とも集客面では順調な滑り出しとなった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東京・タクシー初乗り引き下げ「その後」 ちょい乗り効果、利用者増 「中長距離値上げ」で苦情も

「ニュース」のランキング