産経ニュース

【いまどき仏具店】愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【いまどき仏具店】
愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」

間口10メートルと開放的な造りは、従来の仏具店のイメージとは異なる 間口10メートルと開放的な造りは、従来の仏具店のイメージとは異なる

「祈り」でとりそろえたグッズ

 取り扱う和のグッズは、いずれも「祈り」という共通項をもつ。その数1000点超。

 三浦花子副店長が分析する。

 「パワースポット巡りや御朱印集めが若い女性の間で人気を集めており、祈りや願いに絡んだグッズへの関心は高いはず」

 ちなみに三浦副店長のお薦めは、香りがついた和菓子風のちりめん。

 「香りは仏様のお食事といわれています。柏餅、桜餅、どら焼きの3種類があり、簡易のお供えものとして活用してほしい」

 それから、桐箱入りの一筆箋。

 「好きな人に思いを伝えたいけど、面と向かって口にするのは恥ずかしいし、メールではそっけなさ過ぎる。そんな方にぴったりの心のこもった文具です」

 文を相手に渡す際、ポチ袋に入れるのも良いという。

 ちなみに、一押しの仏壇は、老舗家具メーカー「カリモク家具」(愛知県東浦町)と共同開発したリビングルーム用のもの。天然木材の自然な質感が温かみを醸す。高さ49センチ、幅53センチ、奥行き32センチ。薄型家具にも合わせやすい。モカブラウン、シアーホワイト、シアーブラックなど5色がある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」
  • 愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」
  • 愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」
  • 愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」
  • 愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」
  • 愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」
  • 愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」
  • 愛らしいお祈りグッズがズラリ 「新しい“こころの産業”を」

「ニュース」のランキング