産経ニュース

【スゴテク企業】44歳で農工大博士に 埼玉・所沢市の「科学するメッキ屋」が生んだ“1本3役”の自動車用レスキュー器具

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スゴテク企業】
44歳で農工大博士に 埼玉・所沢市の「科学するメッキ屋」が生んだ“1本3役”の自動車用レスキュー器具

「消棒miny」の二酸化炭素でウレタン火災を消す様子(ワイピーシステム提供) 「消棒miny」の二酸化炭素でウレタン火災を消す様子(ワイピーシステム提供)

 「競合相手がない商品では特許などの知的財産権を使い、競合相手がいる場合は粗悪品を排除するため、自分たちが規格を作る。もちろん、市場シェアでトップにはなりたいが、これは社会的使命だと思ってやっている」

 「町工場のおやじ」は、プライドを込めてそう語る。

 (さいたま総局 鵜野光博)

 「消棒RESCUE」

 初期消火機能とシートベルトカッター、ドアガラス破砕の緊急時車両脱出機能を備えた「消棒RESCUE」(6480円)=写真=は、重さ370グラム。普段はドアポケットに固定できる。「一回持ったら、持ち替えることなく全ての機能が使える」(吉田社長)のが特徴だ。

      

 ワイピーシステム ▽本社=埼玉県所沢市牛沢607の6((電)04・2968・5700)

▽設立=1987年9月

▽資本金=2000万円

▽従業員=28人

▽売上高=3億500万円(2016年8月)

▽事業内容=表面処理加工、受託研究開発、防災製品の製造・販売

このニュースの写真

  • 44歳で農工大博士に 埼玉・所沢市の「科学するメッキ屋」が生んだ“1本3役”の自動車用レスキュー器具
  • 44歳で農工大博士に 埼玉・所沢市の「科学するメッキ屋」が生んだ“1本3役”の自動車用レスキュー器具

「ニュース」のランキング