産経ニュース

【ニュースの深層】荷物再配達でクロネコがクタクタ 「ヤマト値上げ検討」の背景 もうわがまま運べない!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
荷物再配達でクロネコがクタクタ 「ヤマト値上げ検討」の背景 もうわがまま運べない!?

ヤマト運輸の配送スタッフ。同社は27年ぶりの運賃値上げを検討している=東京都中央区(伴龍二撮影) ヤマト運輸の配送スタッフ。同社は27年ぶりの運賃値上げを検討している=東京都中央区(伴龍二撮影)

 現場の負担増加の背景には、ネット通販の拡大に伴う宅配便の取扱個数の急増がある。経済産業省と国土交通省によると、平成27年のネットによる電子商取引市場の規模は5年前の約1・8倍に当たる13・8兆円に拡大。同年の宅配便取扱個数は同約1・2倍の約37億4500万個となり、いずれも過去最高となった。さらに、作業の効率を下げているのが、届け先が不在の場合に無料で行われている再配達だ。

再配達を前提とした不在

 国交省では、数年前からこの再配達を問題視。27年夏に実態を調査し、宅配事業者やネット通販事業者、有識者らによる検討会で対策を取りまとめていた。今回ヤマトがサービス見直しに取り組んだことで、調査結果に改めて注目が集まっている。

 調査では再配達は全体の2割を占める。その理由の1位は「配達が来るのを知らなかった」で約42%。次いで「配達が来るのを知っていたが用事ができて留守にしていた」が約26%、「もともと不在になる予定で再配達してもらう予定だった」が約14%だった。つまり、“再配達を前提とした不在”が計約40%を占めていたのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 荷物再配達でクロネコがクタクタ 「ヤマト値上げ検討」の背景 もうわがまま運べない!?

「ニュース」のランキング