産経ニュース

【至誠の人 楫取素彦物語(85)】中村紀雄 「行きますぞ、群馬に」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【至誠の人 楫取素彦物語(85)】
中村紀雄 「行きますぞ、群馬に」

 「私は明治5年9月、政府へ廃娼の建白をした。理由を話したい。私たちはペルーに運ばれる中国人奴隷を解放した。ペルーと裁判になり、政府は特例をもってこの大江を裁判長に任じた。中国人を奴隷にしたことを理由に賠償請求を拒否するこの裁判で、ペルーの法律家は日本にはもっと酷(ひど)い奴隷制度があるといって娼妓(しょうぎ)制度を取り上げてきおった。これと比べたら支那人に賃金を払って働かせることは残酷ではないから許すべきだという論法だ。言われてみると、娼妓の実態は奴隷と変わらない。これから文明の世になろうとする日本国の大きな恥である。そこで私は、これを解放することを建白した。政府は認め解放令を出した。これが明治5年10月2日の太政官布告なのです」

「ニュース」のランキング