産経ニュース

【東京五輪異聞】ゴルフ競技場問題を考える 日曜を除き女性がプレーできる霞ケ関CC

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【東京五輪異聞】
ゴルフ競技場問題を考える 日曜を除き女性がプレーできる霞ケ関CC

理事会後、取材に応じる霞ケ関CCの木村希一理事長=2月7日午後、東京都中央区 理事会後、取材に応じる霞ケ関CCの木村希一理事長=2月7日午後、東京都中央区

 会員300人のオーガスタにはマイクロソフト創業者ビル・ゲイツ、著名投資家ウォーレン・バフェットら経済界の首脳が集う。米PGAツアーはこれら経済界首脳に700万ドル(約7億1200万円)の財政的な支援を受けていた。その最大のスポンサーがIBM。02年に女性活動家が大手企業にスポンサー降板を呼び掛け、企業イメージ低下を恐れて撤退したことでCMなしでテレビ中継された経緯もある。

 米PGAツアーと米国主要ゴルフ団体は、1990年に全米プロの舞台となったショールクリークCC(米アラバマ州)で起きた人種差別発言に端を発した人種差別論争以来、人種差別や性差別の会員方針を取っているゴルフクラブでトーナメントを実施しないと決定したが、パワーと財政力を持つオーガスタに対しては何も言えない格好だった。

 巨大な影響力を持つオーガスタが女性解禁したことで、R&Aクラブにも「制限を撤廃すべき」との意見が寄せられていた。「男子メンバー特化はクラブ・メンバーの決定事項」と頑なな態度を取っていたR&Aクラブを揺さぶった。女性禁制のミュアフィールドで13年に開催された全英オープンは、政治家や選手らから非難の声が相次いだ。そのミュアフィールドは17年2月16日、今年3月までに女性会員に門戸を開く規約改定について会員による再投票を行うと発表した。

続きを読む

このニュースの写真

  • ゴルフ競技場問題を考える 日曜を除き女性がプレーできる霞ケ関CC

「ニュース」のランキング