産経ニュース

【教えて!goo】実は1000年以上続いている散骨 当時、散骨が志向された驚きの理由とは!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【教えて!goo】
実は1000年以上続いている散骨 当時、散骨が志向された驚きの理由とは!?

死んだらどうなるか--それは死者のみぞ知ることである。ただ死後に関して様々に思いを巡らせることは可能だ。昨今の散骨、海洋葬、樹木葬、宇宙葬といった多様な供養は、こうした思いが一部で実現した産物ではないだろうか。では具体的に、新しい供養を望む人は、どのような思いを抱いているのだろう。「教えて!goo」「死んだら、海へ散骨してほしいのは、間違い?」という質問が寄せられている。

魂はどこに?

質問者と回答者の大きな話題は、死後の魂の存在である。質問者は、お墓に入れられては窮屈でかなわないと言う。これに対し回答者からは、骨と魂は別物であり、死後の魂は何かに縛られるものではないという意見があがった。

「魂の有無はともかくとして、骨と魂は別物です。例えれば魂は『運転手』、骨や肉体は『車』と思ってもいいかもしれません。壊れてしまった車は放置して錆びつかせるか業者に渡して解体してもらい運転手はさっさと別の車に乗り換えるだけです」(XR500さん)

「私の場合(魂があるとして)魂で大気圏を抜けるのは難しいので宇宙飛行士に乗り移って宇宙に行き、宇宙の果てを見てみたい」(kazuki895さん)

他にも、散骨を全面的に肯定せずに、残された方が故人を偲び、思いを寄せる方法との両立を模索する声もあった。

「自分の見積もりに行ったときに『手を合わす場所がないんですよね』と言われて、なるほどと思い、墓地の一角にある森林葬にした」(toshipeeさん)

他にも散骨を希望する理由は、承継される祭祀費用などの経済的な理由もあるだろう。煩雑な祭儀に遺族が悩まされることのないようにという配慮もある。しかし、散骨という開放的な供養形態は、お墓や法要といったしがらみから解放してくれるメタファーでもあるかもしれない。

続きを読む

「ニュース」のランキング