産経ニュース

【月刊正論3月号】沖縄・翁長雄志知事が李克強首相にした驚きの媚中発言とは… 朝鮮半島問題研究家・元通産省技官 安部南牛

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【月刊正論3月号】
沖縄・翁長雄志知事が李克強首相にした驚きの媚中発言とは… 朝鮮半島問題研究家・元通産省技官 安部南牛

沖縄県名護市辺野古沿岸部で海上の本体工事が本格化したことを受け、記者の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=2月7日午後、沖縄県庁 沖縄県名護市辺野古沿岸部で海上の本体工事が本格化したことを受け、記者の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=2月7日午後、沖縄県庁

 

 何で李克強首相の前で、日本人と言わずに琉球人と表現したのだろう。その発言からも翁長雄志知事の日本の近代を受け入れない認識がうかがえる。さらに、「科挙制度のために全国各地から集まって来た人のために“国子監”が北京にはある。琉球人の先祖もオブザーバーとして学んだ。彼らは帰国後、大臣になったり、大きな力を発揮して頑張った」と述べているが、それは何時の時代なのか?  少なくとも清ではない。明の時代に琉球からの留学生を受け入れ厚遇したのは硫黄の産出地であったからだ。  

 なにしろ翁長雄志知事は徳川幕藩体制下の「琉球」意識は全くなく、琉球は「小さな国であったが、アジアとの交流を通じて栄え、独自の文化を作り上げた。今日、アジア経済の著しい成長が沖縄を覆うようになった」と述べて「今までは日本の辺境、アジアのはずれといわれていた沖縄が大きな活力を持つようになった」と、中共政権下の経済発展が沖縄を日本の辺境からアジアの中心にしているとする認識を披露する。  沖縄独自の文化が薩摩・島津氏の影響の下で育まれた史実も消去している。明の時代には硫黄を運び、清の時代には銀を運ぶ「進貢貿易」としての大陸との交流であったが、その清の時代に運んだ銀の大半は薩摩・島津氏から下賜されたものだったのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 沖縄・翁長雄志知事が李克強首相にした驚きの媚中発言とは… 朝鮮半島問題研究家・元通産省技官 安部南牛
  • 沖縄・翁長雄志知事が李克強首相にした驚きの媚中発言とは… 朝鮮半島問題研究家・元通産省技官 安部南牛

「ニュース」のランキング