産経ニュース

【経済インサイド】輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力

新型MINIクロスオーバーの発表会=2月23日、東京都江東区青海(宮川浩和撮影) 新型MINIクロスオーバーの発表会=2月23日、東京都江東区青海(宮川浩和撮影)

 結果、ビー・エム・ダブリューの販売は計7万5119台と、スマートも展開するメルセデス・ベンツ日本(7万1894台)を逆転し、輸入車業者として2年連続の首位になっている。

スマートに4人乗り追加

 これに対し、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は、「メルセデスの単一ブランドでは勝っても、スマート対他ブランドで負けていることは数字が示す通り」と認める。

 ベンツは「Cクラス」「Eクラス」といった定番に加え、25年に車両価格が359万円からと比較的安い小型4ドアクーペ「CLA」を投入するなどラインアップを強化し、輸入車市場を独走する。

 一方で、スマートは12年から国内販売を始めた「若いブランド」(上野社長)。昨年1月に4人乗りを投入するまでは、2人乗りのみの展開で普及が難しかった。

 28年の販売は4人乗り追加で前年比4.4倍と急増したが、台数は4508台と依然として少ない。このため今年2~3月末まで2人乗りモデルのオープン車を期間限定で受注するなどラインアップを充実。今年の夏ごろには専門の販売店を国内で初めて京都に開設する予定で、高級車の代名詞ともいえるベンツとは異なるブランドの先進的な価値観をアピールしていく。

続きを読む

このニュースの写真

  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力
  • 輸入車市場が激戦 BMW、ベンツ上回るグループ販売 小型車ブランド「ミニ」が原動力

「ニュース」のランキング