産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】長引くほど北に有利な対マレーシア人質外交 正男氏殺害容疑者とマレー外交官の「交換」攻防の行方

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
長引くほど北に有利な対マレーシア人質外交 正男氏殺害容疑者とマレー外交官の「交換」攻防の行方

15日、在クアラルンプール北朝鮮大使館から出てくる北朝鮮人ら。金正男氏殺害事件の容疑者がかくまわれているとの見方がある(AP) 15日、在クアラルンプール北朝鮮大使館から出てくる北朝鮮人ら。金正男氏殺害事件の容疑者がかくまわれているとの見方がある(AP)

遺体は北朝鮮へ?

 マレーシア当局が遺体を金正男氏と確認したことで、遺体の遺族は増えたことになった。息子の金ハンソル一家とともに金正恩氏も異母兄の「遺族」になった。遺体は保存措置が行われ、引き渡し準備は整った。

 マレーシア側は引き取りについて、「2~3週間のうちに解決されることを望む」(スブラマニアム保健相)と期限を付けていたが、マレーシア政府は16日、遺族が遺体の引き渡しを求めず、扱いをマレーシア政府に一任すると伝えてきたことを明らかにした。

 金正恩氏サイドが「遺族」を名乗る可能性はないとみられる。北朝鮮は「死亡したのは北朝鮮籍のキム・チョル」としており、金正恩氏の異母兄、正男氏の存在そのものを否定している。北朝鮮でロイヤル・ファミリーである金一族の系譜は国家秘密扱いで、取り沙汰するだけで「国家反逆罪に当たる」(韓国情報機関)からだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 長引くほど北に有利な対マレーシア人質外交 正男氏殺害容疑者とマレー外交官の「交換」攻防の行方
  • 長引くほど北に有利な対マレーシア人質外交 正男氏殺害容疑者とマレー外交官の「交換」攻防の行方

「ニュース」のランキング