産経ニュース

【ビジネス解読】“中国のジョブズ”の逆襲が始まった! 狙いは米国のハイテク支配の打破

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
“中国のジョブズ”の逆襲が始まった! 狙いは米国のハイテク支配の打破

シャオミの雷軍CEO(ロイター) シャオミの雷軍CEO(ロイター)

 中国はハイテク機器の性能の核となる半導体の多くを海外から輸入しており、その金額は年間で20兆円を超える。輸入半導体の多くは米国の技術を使った製品とみられ、この点で中国は米国の技術支配力のうちにあるとみることができる。つまり、半導体でも特に技術が高度なCPU分野でクアルコムの支配に挑戦するシャオミの動きからは、中国政府によるハイテク分野での脱米国支配の戦略の本格化が透けてみえるのだ。

 実はこの“政府お墨付き”の独自CPU開発のプロジェクトはすでに成果を出している。シャオミに先駆けて、政府の支援を受けてスマホ用の独自CPU「Kirin(麒麟)」を開発したハイシリコン・テクノロジー(海思半導体)だ。ハイシリコンは企業情報が少なく一般にはほとんど知られていないが、ファーウェイの傘下にあり、同社の技術力の中核を担っているとみられる。2016年のスマホ市場でアップルとサムスンがシェアを落とす一方、世界3位のファーウェイはシェアを伸ばした。背景には独自CPUを手にしたことによる性能向上と差別化があり、半導体分野での米国企業との格差を着実に縮めてきている。

 ファーウェイに続き、シャオミの逆襲も後押しする中国の巨額政府マネー。ハイテク分野での米国と中国のパワーバランスが変われば、さまざまな技術分野の業界標準をめぐり日本の産業界への影響は必至だろう。中国の攻勢が強まる中、日本では経営危機にある東芝が“虎の子”の半導体メモリー事業を売却する。日本のハイテク産業の立ち位置は今後どうなるのだろう。(経済本部 池田昇)

このニュースの写真

  • “中国のジョブズ”の逆襲が始まった! 狙いは米国のハイテク支配の打破
  • “中国のジョブズ”の逆襲が始まった! 狙いは米国のハイテク支配の打破

「ニュース」のランキング