産経ニュース

【スポーツ異聞】ロリー・マキロイ、トランプ大統領とゴルフで欧米メディアが批判「ファシスト」「偏屈者」…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
ロリー・マキロイ、トランプ大統領とゴルフで欧米メディアが批判「ファシスト」「偏屈者」…

大会に優勝した際、両親(左の2人)と婚約者のエリカ・ストール(右端)とともに記念写真に収まるロリー・マキロイ。トランプ大統領とのゴルフで物議を醸した(本人のツイッターから) 大会に優勝した際、両親(左の2人)と婚約者のエリカ・ストール(右端)とともに記念写真に収まるロリー・マキロイ。トランプ大統領とのゴルフで物議を醸した(本人のツイッターから)

 男子ゴルフの世界ランキング3位で、日本でも人気のあるロリー・マキロイ(27、北アイルランド)が2月19日、過激発言で物議を醸すドナルド・トランプ米大統領と一緒にゴルフをしていたことで欧米メディアから反発や批判を受けた。マキロイは「単純にゴルフをしただけさ」と飄々としたもの。ただ、トランプ氏が不法移民阻止のためメキシコ国境に壁を造ると発言した際に皮肉を込めて揶揄した経緯がある。それだけに「ファシスト」「偏屈者」と批判が広がったが、「バカげている」と反論。トランプ氏も米誌ニューズ・ウィークにゴルフをし過ぎると指摘され、すでに税金1000万ドル(約11億2000万円)以上を浪費したと批判され、「プロゴルファーとのゴルフも仕事か」と厳しくダメ出しをされていた。

 マキロイは、3月5日まで開催された世界ゴルフ選手権(WGC)のメキシコ選手権(チャプルテペクGC)に出場。肋骨骨折で大会出場が1月から遠ざかっていた復帰戦を7位で終えていたものの、第2日には1イーグル、6バーディー、2ボギーの65で首位に立ち、復活を印象づけた。

 今回のメキシコ選手権は、昨年までキャデラック選手権の名称でトランプ米大統領が所有するトランプ・ナショナル・ドラール(米フロリダ州マイアミ)で開催されていたのも、マキロイにとっては何か因縁めいたものを感じさせる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ロリー・マキロイ、トランプ大統領とゴルフで欧米メディアが批判「ファシスト」「偏屈者」…
  • ロリー・マキロイ、トランプ大統領とゴルフで欧米メディアが批判「ファシスト」「偏屈者」…

関連トピックス

「ニュース」のランキング