産経ニュース

【衝撃事件の核心】被災者尻目にキャバクラで豪遊 巨額復興利権をむさぼった公務員は元建設業勤務だった

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
被災者尻目にキャバクラで豪遊 巨額復興利権をむさぼった公務員は元建設業勤務だった

除染作業を巡る汚職事件で、環境省福島環境再生事務所の支所に家宅捜索に入る捜査員=2日午後5時、福島県南相馬市 除染作業を巡る汚職事件で、環境省福島環境再生事務所の支所に家宅捜索に入る捜査員=2日午後5時、福島県南相馬市

 贈収賄事件の可能性がある-。環境省からの相談を受けた警視庁捜査2課は内偵捜査を開始。3月2日、警視庁と福島県警は収賄容疑で福島環境再生事務所専門官、鈴木雄二容疑者(56)を逮捕。贈賄容疑で、除染事業に下請けとして参入していた建設会社「大開工業」前社長、小杉幹雄容疑者(63)を逮捕した。

 鈴木容疑者の逮捕容疑は平成27年9月~28年6月、福島県浪江町での除染事業を下請けとして参入させてもらう見返りに二十数万円分の飲食接待などを受けたとしている。

収賄公務員は期限付き採用 希薄な職務倫理「採用自体がおかしい」

 賄賂(わいろ)を受け取ることが罪に問われるのは基本的に公務員に限られる。収賄容疑で逮捕された鈴木容疑者は福島環境再生事務所の職員であり、除染作業が発注通りに行われているかチェックし、元請けのゼネコンなどを監督する立場にあった。もちろん、れっきとした公務員だ。

 だが、捜査関係者は「とても公務員とは思えないほどの倫理意識だ」とあきれる。そのわけを解くカギは、鈴木容疑者の経歴にある。

 鈴木容疑者は逮捕当時の住所こそ除染の拠点である福島県南相馬市だが、家族は横浜市在住の単身赴任。建設業界での勤務を経た後、27年4月に福島環境再生事務所に3年の期限付きで採用された。公務員経験は2年足らずに過ぎない。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング