産経ニュース

【運動記者の直言】もはや五輪は今や「厄介もの」? 2024夏季五輪招致でブダペストが撤退 「五輪よりパン」の実態

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【運動記者の直言】
もはや五輪は今や「厄介もの」? 2024夏季五輪招致でブダペストが撤退 「五輪よりパン」の実態

ロンドン五輪フェンシング金メダリスト、アロン・シラギが「ブダペスト五輪のために全力を尽くす」と宣伝する看板の前の信号は赤に切り替わった=2月23日、ブダペスト(ロイター) ロンドン五輪フェンシング金メダリスト、アロン・シラギが「ブダペスト五輪のために全力を尽くす」と宣伝する看板の前の信号は赤に切り替わった=2月23日、ブダペスト(ロイター)

 ついに、2024年夏季五輪招致レースからブダペスト(ハンガリー)が撤退した。撤退の噂は、ずっとあったが、2月22日に撤退が正式に表明された。

 これで、今年9月のリマで開催される国際オリンピック委員会(IOC)総会ではパリとロサンゼルスの一騎打ちとなる。

 パリはすでに、1900年の第2回大会、24年の第8回大会を開催。ロスは32年の第10回大会、84年の第23回大会を開催しており、いずれかの都市が開催都市に決まったとしても3回目。目新しさはなく、だいたい、どんな五輪かは想像がつく。

 「ドナウの真珠」と称されるブダペストは東欧の都市という点で、珍しさはあったが、ハンガリー国内での反対派の動きが活発化、招致の是非を問う住民投票で必要数の倍近い署名を集め、これを受け、立候補を取り下げたのだという。

 外務省のホームページによると、ハンガリーの国内総生産(GDP)は1206億ドル(2015年)。1ドル=112円で換算すると、約13兆5072億円。これは、東京都の一般会計(約7兆円)に上下水道や地下鉄など公営企業会計に、特別会計を合わせた額と匹敵する。しかし、国レベルで13兆円では五輪を招致できないとういうことだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • もはや五輪は今や「厄介もの」? 2024夏季五輪招致でブダペストが撤退 「五輪よりパン」の実態
  • もはや五輪は今や「厄介もの」? 2024夏季五輪招致でブダペストが撤退 「五輪よりパン」の実態

「ニュース」のランキング