産経ニュース

【日曜経済講座】空き家・空き地の急増 「都市のスポンジ化」を防げ 論説委員・井伊重之

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日曜経済講座】
空き家・空き地の急増 「都市のスポンジ化」を防げ 論説委員・井伊重之

 かつてにぎわいをみせていた駅前の商店街が周辺人口の減少などに伴ってシャッター通りとなり、街から活気が消えうせる。こんな光景が今、全国で広がっている。こうしたシャッター通りを生み出している大きな要因が空き家や空き地の増加である。

 とくに都市部で空き家や空き地が不規則に発生して空洞化する「都市のスポンジ化」は、都市計画における新たな課題といえる。中心市街地でも個人が相続した土地は、空き地として放置される事例が目立っている。これは都市基盤をスポンジのように弱体化させる恐れがある。

 このため、国土交通省では都市のスポンジ化を防ぐ対策づくりに着手した。これまで開発・整備段階で規制してきた都市計画制度を抜本的に見直して、将来の維持・管理段階まで一定のマネジメントを促すような仕組みを検討することにしている。

 平成25年の住宅・土地統計調査によると全国の空き家は過去最多の約820万戸に達し、住宅全体の13・5%を占めた=グラフ。空き家の中でも賃貸や売却用などを除いた「その他空き家」が約320万戸と5年前に比べて2割近く増加した。これは年10万戸ペースで増えた計算になる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 空き家・空き地の急増 「都市のスポンジ化」を防げ 論説委員・井伊重之

「ニュース」のランキング