産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「あの世代の方は、よく『武士』とか『侍』とかいう」 石原元知事の会見前の意気込みに「違和感」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「あの世代の方は、よく『武士』とか『侍』とかいう」 石原元知事の会見前の意気込みに「違和感」

定例会見を行う小池百合子都知事=3日午後、都庁(宮川浩和撮影) 定例会見を行う小池百合子都知事=3日午後、都庁(宮川浩和撮影)

 《3月3日午後2時から都庁会見室で》

 「こんにちは。今日は、3点、私の方からご報告がございます。まず、環境絡みで二つございます。『キャップ・アンド・トレード制度』を東京都では進めているわけでありますけれども、これは大規模なオフィスビルなどに関して、CO2の削減を義務付けるという制度であります。平成27年度からは第二計画期間に入るということでございます」

 「その1年目の実績が結果となってまとまりましたので、お知らせをするということであります。総CO2排出量が1227万トンでありまして、これは基準年度と比べますと、マイナス26%という大幅な削減となりました。対象となります建物の延べ床面積、こちらの方が増えている、それも前年度から40万平方メートル増えているということにも関わらず、排出量が1%、16万トン削減しているということであります。一言で言えば、かなり省エネの設備が増えてきたということだと思います」

 「この数値でありますけれども、都庁舎の全体、これ第一本庁舎、第二本庁舎両方、そして議会棟も含めてでありますけれども、都庁舎全体の年間CO2排出量の7倍に相当するということでございます。かなり省エネが進んだというご報告であります。LEDの照明であるとか、空調が高効率になっているといったようなこと、事業者の皆さんがそれぞれ積極的に取り組んでいただいた成果かと思われます。ご協力に感謝したいと思います」

続きを読む

「ニュース」のランキング