産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】都市鉱山4600個 満員電車緩和へ快適通勤ムーブメント 五輪仮設費用、都として主導的な役割を担う 豊洲仮設建築物の違反「厳しく反省」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
都市鉱山4600個 満員電車緩和へ快適通勤ムーブメント 五輪仮設費用、都として主導的な役割を担う 豊洲仮設建築物の違反「厳しく反省」

プレミアムフライデーのキックオフイベント「東京エキマチ乾杯」に出席した(左から)三菱地所の杉山博孝社長、東京都の小池百合子知事、青空市場の永島敏行代表 =24日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) プレミアムフライデーのキックオフイベント「東京エキマチ乾杯」に出席した(左から)三菱地所の杉山博孝社長、東京都の小池百合子知事、青空市場の永島敏行代表 =24日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)

 《24日午後2時から都庁会見室で》

 【知事冒頭発言】

 「皆さんこんにちは。それでは、定例記者会見を始めさせていただきます。まず、ご協力いただいております東京2020オリンピック・パラリンピックのメダルの材料となります都市鉱山です。8日間で、4600個を超えるご協力をいただいております。そして、お持ちいただいた方には、私からのお礼状というか、お礼カードをお渡しするということでございます。引き続きご協力のほど、お願いを申し上げます」

 「今日は、私の方から五つ、ご報告をさせていただきたいと存じます。まず、満員電車の混雑の緩和に向けまして、『快適通勤ムーブメント』、これを実施することといたしました。この満員電車の混雑緩和というのは、社会の生産性向上のための重要な課題であります。そこで、多くの方々に快適な通勤を体験してもらう、効果を実感してもらうということを目的に、『快適通勤ムーブメント』、これを今年の夏から実施をすることといたします。このムーブメントへの参加について、広く呼び掛けを始めていきたいと思います。2020年の大会を見据えて継続的に実施をしていくことといたしております」

 「これは、具体的には、鉄道を利用する方々、民間企業の皆さんに、時差出勤、フレックスタイム、テレワークなどをお願いすると。それと、鉄道事業者の方々には、例えば協力してくださる方にはポイントを付与して、それで何か豪華景品が当たるとか、いろいろ工夫をされておられます。それから、混雑の見える化などに取り組んでいただくということを期待しております」

続きを読む

「ニュース」のランキング