産経ニュース

【映画深層・動画付き】「脱癒し」の新作はトランスジェンダーがテーマ 「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督に聞く

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【映画深層・動画付き】
「脱癒し」の新作はトランスジェンダーがテーマ 「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督に聞く

映画「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督=東京都渋谷区(藤井克郎撮影) 映画「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督=東京都渋谷区(藤井克郎撮影)

 もはや癒やしてなるものか、と思ったという。「かもめ食堂」(2006年)や「めがね」(07年)などで“癒やし系”が定着した荻上直子(おぎがみ・なおこ)監督(45)が、25日公開の新作「彼らが本気で編むときは、」で取り組んだのは、心と体の性が異なるトランスジェンダーの女性を主人公にした多様な家族のあり方だった。

 「でも社会性のある映画を作るつもりは一切なくて、そのときに自分がやりたいことをやっているだけなんですけどね」

 ほんわかとした雰囲気の語り口は、やはりどことなく癒し系かも。

きっかけは新聞記事

 「これまでの作品も、観客を癒やすつもりはないんです。結果的にゆったりと流れるような空気感の映画になって、それをみなさんが見て“癒やし系”と言ってくれたのかな。それも悪いことではないのですが、今回は自分でも、攻めて攻めて、みたいな気持ちで撮っていましたね」

 5年ぶりの作品。オリジナルストーリーだ。

 母子家庭の小学5年生のトモ(柿原りんか)。ある日、母(ミムラ)が男を追って姿を消す。叔父のマキオ(桐谷健太)の家に厄介になることになるが、マキオは恋人のリンコ(生田斗真)と暮らしていた。トランスジェンダーのリンコに、初めは戸惑いを覚えるトモだが、優しさと愛の深さに触れて次第に心を通わせていく。一方で世間の偏見も目の当たりにして…。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「脱癒し」の新作はトランスジェンダーがテーマ 「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督に聞く
  • 「脱癒し」の新作はトランスジェンダーがテーマ 「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督に聞く
  • 「脱癒し」の新作はトランスジェンダーがテーマ 「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督に聞く
  • 「脱癒し」の新作はトランスジェンダーがテーマ 「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督に聞く
  • 「脱癒し」の新作はトランスジェンダーがテーマ 「彼らが本気で編むときは、」の荻上直子監督に聞く

「ニュース」のランキング