産経ニュース

【小池知事定例会見録】都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」

「メリハリの付いた予算」のキャラクター、ハリーくんを手に記者会見する小池百合子都知事=2月16日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 「メリハリの付いた予算」のキャラクター、ハリーくんを手に記者会見する小池百合子都知事=2月16日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「つまり、税率の戦いというよりは、その前に、日本では英語による登録であるとか、申請であるとか、それがなかなかうまくいかないということで敬遠されてきたわけで、その辺をワンストップサービスで解消しようとしている。つまり、その税以外のところの環境づくりということについてはかなり進めてきたつもりであります。そして、トランプ大統領は、メキシコとの国境に壁を作るとおっしゃっていますけれども、壁=(イコール)ウォールでありますが、私は兜町から大手町にウォールストリートを作りますということを申し上げているわけですけれども、そこに金融系を集約させるという考えであります」

 「まずは、法人税をどういうふうに対処するのか、まずアメリカの出方というのを注目して、そして、一時は法人税下げ競争というのが国際的にあった。しかしそれが税だけではないよねというので、一時は下げ止まっていたのですが、そこでまたアイスブレークというか、氷が破られると、またそこで競争が始まってきて。東京のできる部分は少ないです。むしろ国の方の税のあり方について、かなり、税調などはそう簡単なところではありませんので、そういう流れにわーっと行くかどうかというのは…。東京としてできることはやる、しかし国の出方というのを注視していきたい。これをうまくやっていかなければ、国際金融都市うんぬんは、なかなか困難な面に直面をするであろうと思っております。いいご質問をありがとうございました」

 --豊洲移転問題で、都議会は参考人招致、住民訴訟では弁護団が検証を進めている。都自らが調査をする気はないのか

 「これまでも各種の内部的なチェックということはやってきております。そしてまた、情報公開に、これまでのり弁だったところは、かなり外すということもやってきたわけであります。外部の調査と、それから、内部の改めての点検と両輪で進めていく必要があるかと思っております。基本的には、どこか別のところでやって、それで全く記録が残っていないこと以外は、基本的には見える化されていると認識をしております」

続きを読む

このニュースの写真

  • 都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」
  • 都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」
  • 都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」
  • 都議選の選挙協力「民進党の固まりということについては考えていない」 石原慎太郎元知事には「都民は豊洲市場のファクトを知りたい」

「ニュース」のランキング