産経ニュース

【経済インサイド】変貌するメガバンク 新時代の銀行頭取像とは?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
変貌するメガバンク 新時代の銀行頭取像とは?

経営環境が激変する中、銀行頭取に求められる役割も変わってきている 経営環境が激変する中、銀行頭取に求められる役割も変わってきている

 日銀のマイナス金利政策、国際金融市場の変動、金融庁や投資家の経営に対する厳しいチェック、金融とITを融合した「フィンテック」の台頭-。この激動期に、昨年4月の三菱東京UFJ銀行に続き、今年4月には三井住友銀行、みずほ銀行の頭取が交代する。3メガバンクは銀行中心のサービスからグループ一体でのサービス提供というビジネスモデルの転換にも取り組んでいる。3頭取は大胆な組織改革と並行して新時代の頭取像を模索することになる。

 「日本でカンパニー制を本気で採用しているのは、おそらくみずほだけだ」

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の佐藤康博社長のカンパニー制完遂にかける思いはひとしおだ。同社は昨年6月、企業内の事業部門を独立採算の一つの会社のように扱うカンパニー制に移行し、大企業や中小企業、個人といった顧客層ごとにサービスを提供する戦略に切り替えた。

 同社は1月下旬、傘下のみずほ銀行頭取に藤原弘治常務取締役が4月1日付で昇格する人事を発表した。実はカンパニー制の成否の鍵をこのトップ交代が握っていると言っても過言ではない。

 各カンパニー長はあたかも経営者のように最終利益を最大化するための経営戦略を練り、現場の指揮官である銀行頭取や信託銀社長が実行に移す。この立て付けを考えたのが藤原氏だからだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 変貌するメガバンク 新時代の銀行頭取像とは?
  • 変貌するメガバンク 新時代の銀行頭取像とは?
  • 変貌するメガバンク 新時代の銀行頭取像とは?

「ニュース」のランキング