産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「石原氏、急に元気になられたり急に弱気になられたり」「議会での質問、職員が関与するのはおかしい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「石原氏、急に元気になられたり急に弱気になられたり」「議会での質問、職員が関与するのはおかしい」

小池百合子都知事=10日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 小池百合子都知事=10日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「工事車両の通行開始ですけれども、交差点の安全対策の工事をまず行いまして、2段階で実施することになります。まず搬入ルート、これは豊洲から晴海方向ですけれども、これを先行いたしまして、2月27日(月曜日)に通行の開始となります。その後は、今度は搬入ならぬ搬出ルートでありますけれども、逆方向で晴海から豊洲。こちらの方向については、3月末までに通行を開始するというものであります。引き続き地域の安全確保には努めてまいりますし、大会に向けて選手村の工事は確実に実施をしてまいります。担当は都市整備局でございます」

 「それから、今日も報じられておりましたけれども、児童ポルノなどの被害が深刻化しているという、その実態を踏まえまして、その対策を『東京都青少年問題協議会』に諮問をすることといたしましたので、そのご報告でございます」

 「都は青少年をめぐる様々な問題について、調査審議するためにかねてより青少年問題協議会を設置しているところでございます。最近、スマートフォンの普及、それからインターネットの利用がどんどん低年齢化をしていると、それに伴って、子供たちからの性的画像に関するネットトラブルの相談が急増しているというのが背景にございます。中でも、脅されたり、だまされたりするということで、自分の裸の画像などをスマートフォンで撮影させられた上で、メールで送らされるという、そのような被害が続出をしているということであります。そのことについて悩んだり、それから困惑する子供たちからの相談が増えて、児童ポルノ被害の4割前後が、いわゆる『自画撮り被害』という状況になっているとのことであります」

続きを読む

「ニュース」のランキング