産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「石原氏、急に元気になられたり急に弱気になられたり」「議会での質問、職員が関与するのはおかしい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「石原氏、急に元気になられたり急に弱気になられたり」「議会での質問、職員が関与するのはおかしい」

小池百合子都知事=10日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 小池百合子都知事=10日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「ちなみに、メダルの製作に必要な量は、大体、金・銀・銅合わせて1回の大会で5000個と言われておりますけれども、金が10キログラムで銀が1233キログラム、銅になりますと736キログラムとなっております。金が少ないのは、これは、金メダルの場合は金メッキになるからでございます。携帯電話ですけれども、ここには金が0・048グラム、銀が0・26グラム、銅は12・7グラム。銅って、結構入っているのです。ということでございまして、これらを進めてまいりたいと存じます」

 「本格的に大会組織委員会が動き出すのは4月と聞いておりまして、そこからは大会組織委員会がいろいろな形でお進めになるのだろうと思いますが、東京都が先行いたしまして、東京都分を集めていきたいと考えております。詳細は、環境局とオリンピック・パラリンピック準備局の方にお聞きいただきたいと存じます」

 「それから、次に、環状二号線の未開通部分についてのご報告でございます。これは、例の築地の分ではございません。これは、むしろ工事車両の問題でございまして、晴海~豊洲間について、選手村工事に関連した車両に限って通行させるというものでございます。今、選手村は更地になっているわけでありますけれども、これから選手村の工事が始まります。それに伴いまして、工事車両があの地域を集中して走ると、運行するということになります。そこで、選手村の工事は昨年の5月に着手しているわけでございますけれども、先月末から選手の宿泊棟の建築工事に着手ということで本格化されるわけであります。これらの工事車両の増加、大変多くなるということから、周辺の交通への影響を軽減しなければなりません。また、地域の住民の方々からも、「安全の方はどうなのだ」などということをお寄せいただいてきたわけでございます。そのために未開通区間のうち、晴海~豊洲間、これを工事車両に限定して通行開始いたします。そして、通行ルートの分散化をするというものでございます」

続きを読む

「ニュース」のランキング