産経ニュース

【マッド・ドッグ来日】マティス氏が駐留費負担を絶賛「日本は他国のモデルだ!」 日米共同会見詳報

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【マッド・ドッグ来日】
マティス氏が駐留費負担を絶賛「日本は他国のモデルだ!」 日米共同会見詳報

共同記者会見を行う稲田朋美防衛相(右)とマティス米国防長官=4日午前、防衛省(納冨康撮影) 共同記者会見を行う稲田朋美防衛相(右)とマティス米国防長官=4日午前、防衛省(納冨康撮影)

 稲田朋美防衛相は4日午前、来日中のマティス米国防長官と会談し、共同記者会見を行った。マティス氏は在日米軍駐留経費の一部を高い割合で負担している日本について「日本はモデルだと思っている」と評価した。会見の詳報は以下の通り。

【稲田氏冒頭発言】

 稲田氏「おはようございます。本日はマティス米国防長官を防衛省でお迎えできたことを大変喜ばしく思います。マティス長官との初めての防衛相会談でしたが、大変有意義な意見交換をすることができました。本日の会談では日米同盟がわが国とアジア太平洋地域の平和と安定の確保のために重要であること、同盟の抑止力、対処力を一層強化すべく日米が連携していくことを確認しました」

「地域情勢についても意見交換しました。北朝鮮による核・ミサイル開発の進展は日米両国や地域の安全保障上の重大な脅威であるとの認識で一致をいたしました」

 「また、東シナ海、南シナ海における中国の活動はアジア太平洋地域の安全保障上の懸念であるとの認識を共有しました。マティス長官から『尖閣諸島(沖縄県石垣市)は日本の施政下にある領域であり、日米安全保障条約5条の適用範囲である。米国は尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとする、いかなる一方的な行動にも反対する』旨が表明されました。また、私から『航行の自由作戦』を含む南シナ海における米軍による行動は法に基づく海洋秩序の維持に資するものであり、こうした取り組みを支持している旨をお伝えし、能力構築支援など南シナ海への関与を強化していくことで一致しました」

続きを読む

このニュースの写真

  • マティス氏が駐留費負担を絶賛「日本は他国のモデルだ!」 日米共同会見詳報
  • マティス氏が駐留費負担を絶賛「日本は他国のモデルだ!」 日米共同会見詳報
  • マティス氏が駐留費負担を絶賛「日本は他国のモデルだ!」 日米共同会見詳報

「ニュース」のランキング