産経ニュース

【小池知事定例会見録】民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「千代田区長選ですが、もう間もなく迫っているので多くは述べませんが、しかしながら、やはり東京大改革を前に1歩進めるのか、それとも後退してしまうのかという意味では、大変重要な選挙であるかと思います。そしてまた、有権者の皆様方は、それに対しての判断も加えてというと、逆ですね。まず、区はどうあるべきなのか。区民が進める、決めるという、その観点に加えて、やはり東京大改革を前に進めるのか否かという、その判断も1つ加わるのではないかなと、こう申し上げたいと存じます」

 「その中でのご質問で、一体、これから都議選に向かってどうするのかと、具体的な数字まで頂戴いたしましたけれども、これも同じことであります。23区の区長さんはさまざまな方がいらっしゃいます。前回、違う方を応援された方の方が圧倒的に多くございました。しかし、昨日ご覧いただいたように、いろいろな立場を超えて、やはり連携をしっかりとらせていただいているところであります。都議会においては、やはり私とともに、この東京大改革、都政の見える化であったり、これまでの諸課題、問題をクリアにすると同時に、もっとクリエーティブに、都市間競争が激しい、この中において、東京都がちゃんとその地位を確保し、そして、さらにそれを伸ばしていくという、そのことを十分に理解される方が、時には、それについて、『もっとこうすべきだ』といったようなご意見をいただけるような、そのような都議会というのを望むところでございます」

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

「ニュース」のランキング