産経ニュース

【小池知事定例会見録】民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「それから、待機児童の解消に向けまして、来年度の予算は大幅に増額をいたしております。さらに、その取組に魂を込めるというか、実行に移すために必要なことが幾つかございますが、一番必要なことは場所でございます。場所の確保ということで、今回は都有地を活用した保育所などの整備を一層進めるために、改めて、都庁が持っている、都が持っている都有地を洗い出してみました。ということで、昨年の10月に第一弾として、財務局が保有しているけれども活用していない未利用地ですが、121件、これを区市町村にそれぞれ情報提供させていただいたところであります。そして、これに、新たに水道局など公営企業局を含め、保育所などとして利用ができるといった土地を全庁的に洗い出しましたところ、区部で73件、市部で38件、合わせまして111件の土地の掘り起こしにつながったということでございます。これらの都有地につきましては、区市町村に情報提供いたしまして、あわせて都のホームページにも掲載することといたしております」

 「ほかにも去年の10月に台東区内の水道局用地を区に貸し付けて、保育事業者に転貸した事例をお伝えしたことかと思いますけれども、これに続いて、足立区の都有地などでも同じような検討を行っております」

 「また、都から事務事業の移管で区市などに譲与した財産につきましては、使途を制限していますけれども、保育施設に限りましては、平成28年12月、去年の暮れから無償で転用を認めることといたしました。例えば、杉並区にあります旧清掃事務所、この敷地内で今年4月の開園に向けまして、認可保育所の整備が進められているところでございます」

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

「ニュース」のランキング