産経ニュース

【小池知事定例会見録】民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「発災時には、一時滞在施設の開設状況については、既に今、いろいろな方法がございますので、情報発信をしていこうと、その点についても算段をしているところであります」

 「いずれにしましても、帰宅困難者問題というのは、本当にパニックにならないようにしていくためには、普段の心構えと準備をしておくという、ごくごく当たり前のことですけれども、それを着実に進めていきたいと考えております」

 「その前に、いろいろ実際の訓練を行ってみるということも必要かと思いますし、いろいろなイベントと兼ねて、実際の練習もやってみるということ、こういった普段の準備も、心構えも必要だと思っています」

 --避難所が今、全然足りない。例えば、新宿の場合、超高層ビル街が三十数棟あるが1、2階ロビーを開放して有効に使う方法を考えるということは

 「今、いろいろと民間の施設の方々のご協力を仰いでいるところでございますので、それをさらに増やしていくと、この努力をしていきたいと思っております」

 --ビル開放に賛成しないのは免責問題があり、免責問題が法改正されないとだめだと言われているが、都知事としてどう考えるか

 「逃げ込んで来られた、そういった方々をお引き受けしたものの、そういう、普通ではない状況において、収容したはいいけれども、そこで逆に、損害賠償、責任を問われるのはどうかという、端的に言えばそういうご質問だったと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

「ニュース」のランキング