産経ニュース

【小池知事定例会見録】民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 --豊洲の住民訴訟だが、原告側は石原元知事の証人尋問を希望しているが、都知事としてはどういう所感を持っているのか。新たな弁護団に対して、石原元知事や元副知事の話を具体的に聞いてほしいなどの要望があるのか

 「後の方の住民訴訟についてでありますが、もともと予定は2月9日に第22回の口頭弁論が開かれることになっていると。そこでは、多分、何も話し合われることなく、新しい弁護団の方々が調査をされる、分析をされるということで、弁論というよりは、日程の議論になろうかと思います。その後、どのような形で行われるかについては、この弁護団の皆様方にお考えいただきたいと考えております」

 「最初のご質問、何でしたかしら」

 --原告側は以前から石原元知事の証人尋問を希望しているが、これについてはどう思うか

 「これは、司法のことでございますが、原告である限りは、いろいろな形で対応されるということは期待されるのではないでしょうか。ただ、これまでなされなかったわけでございますけれども、ここをどのような対応をされるかは、石原元知事側の判断だと思っております」

 「しかし、これまでどのようにして決断をしてきたかということは、私は明確にされるべきではないかと、このように思っています。逃げてしまっているという印象はよくないのではないかな、これまでの石原さんらしくないのではないかなと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

「ニュース」のランキング