産経ニュース

【小池知事定例会見録】民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見を行う、小池百合子都知事=3日、東京都新宿区の都庁(寺河内美奈撮影)

 「いろいろなことの決め方、体質、特に私は体質の部分が大きいと思うのですが、こういったところを、やはり、2020年にふさわしい大東京を担う都議会ということを、この都議会選挙では問われるのではないか、このように思っております。お答えになっていたかどうかですけれども」

 --単独過半数を取るだけの人数というのは

 「単独過半数。これは選挙区によって、オーダーメードでこれから決めていかなければなりません。おごることなく、都民の皆様方の意識をしっかりと受けとめるのが都民ファーストでございますので、それらを勘案しながら候補者を決めていくことになろうかと思います」

 「数については、全体で多くの方々に、この都民ファーストといいましょうか、東京大改革、そして3つのシティ、この考え方についてご賛同いただける、そういった会派が多くなるということは、これはスピード感を持って、そして都民目線の政治、行政を進めるという意味では大変重要な点だと思っております」

 --都議選で民進党と連携すれば「支持できない」というネットの声についてどう思うか

 「すごいご質問をいただきましたけれど。何ていうのですか、民進党さんの中にも、いろいろな方がいらっしゃって、何か民進党というと、ネガティブなタグが付いているならば、それはそれで気の毒だなと思いますが。私は今考えるのは、どこの党にいるかというよりは、むしろ、どういう考え方を持っておられるかではないかと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進との連携「まったく考えてない」/豊洲の住民訴訟対応「石原さんらしくない」

「ニュース」のランキング