産経ニュース

【政界徒然草】混乱必至! 衆院選・激変予想の東京区割り 候補者の自宅すら選挙区外 虎の子の票田どこへ あの人の“参入”も波乱要因

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
混乱必至! 衆院選・激変予想の東京区割り 候補者の自宅すら選挙区外 虎の子の票田どこへ あの人の“参入”も波乱要因

 区割り変更に伴い、長年着々と築き上げてきた票田が引き裂かれ、新たな支持基盤の開拓を迫られる-。こんな事態が予想されることに対し、東京選出の自民党衆院議員は「仲の良い夫婦が無理やり、離婚させられ、望んでいない相手と結婚させられるみたいだ」と不満を漏らす。

 平成14年の改正公職選挙法成立で、選挙区内の自治体が入れ替わったことがあるのが自民党の伊藤達也元金融相(東京22区)。後援会の結束が強い大票田の府中市を手放す一方、民主党(現民進党)の菅直人元首相の地盤で革新系の強い三鷹市が編入された。

 府中、三鷹両市の入れ替わりに伴い、有権者も4割が入れ替わった。伊藤氏は当時の苦労を振り返る。

 「選挙区をくら替えするか、非常に悩んだが、22区で戦うことを決断した。ただ、手放す府中の後援会への説明会はこちら側も、後援会側も涙、涙…。どうしてこんな区割りになったか説明できず、支持者も戸惑うばかり。なぜ府中に残ってくれないのかという意見もあった」

 伊藤氏は新22区で直後の衆院選に挑んだが、民主党(当時)の山花郁夫氏に惜敗(比例復活)した。自治体の入れ替えによる区割り変更が影響したようだ。

 22区は今回、2倍を超え境界線が見直されるが、伊藤氏は「市町村の入れ替えだけは避けてほしい」と切実だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 混乱必至! 衆院選・激変予想の東京区割り 候補者の自宅すら選挙区外 虎の子の票田どこへ あの人の“参入”も波乱要因
  • 混乱必至! 衆院選・激変予想の東京区割り 候補者の自宅すら選挙区外 虎の子の票田どこへ あの人の“参入”も波乱要因

「ニュース」のランキング