産経ニュース

【アメリカを読む】閣僚に元軍人ズラリ トランプ大統領「徴兵逃れ」の贖罪意識か 軍に信頼寄せる国民感情を活用

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【アメリカを読む】
閣僚に元軍人ズラリ トランプ大統領「徴兵逃れ」の贖罪意識か 軍に信頼寄せる国民感情を活用

 ドナルド・トランプ米大統領(70)が指名した閣僚の陣容では退役軍人の積極的な起用が目を引く。「制服」への傾倒は、世界の強力な指導者をたたえるトランプ氏の英雄願望だけでなく、ベトナム戦争に従軍しなかったことへの贖罪(しょくざい)意識や軍人への劣等感の表れともみられている。

 就任式翌日の21日、トランプ氏はワシントン郊外にある中央情報局(CIA)本部を訪れ、職員への演説でCIA長官に指名したマイク・ポンペオ下院議員(53)=23日に承認、ジェームズ・マティス国防長官(66)、ジョン・ケリー国土安全保障長官(66)の名を挙げた。

 「国民は彼らの軍事的なセンスを尊敬している。政治家ではそううまくはやれないだろう」

 トランプ氏は退役海兵隊大将のマティス、ケリー両氏、陸軍士官学校を首席で卒業したポンペオ氏の退役軍人3人をたたえた。

 マイケル・フリン国家安全保障問題担当大統領補佐官、スティーブン・バノン首席戦略官兼上級顧問、ダン・コーツ国家情報長官候補、リック・ペリー・エネルギー長官候補らも元軍人だ。米メディアの集計では閣僚の軍歴を平均すると8・1年で、直近の4代政権で最も長かった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 閣僚に元軍人ズラリ トランプ大統領「徴兵逃れ」の贖罪意識か 軍に信頼寄せる国民感情を活用

「ニュース」のランキング