産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅】バレーメトロ(2)ライトレールを待ちながら、挨拶と握手で始まる出会い

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅】
バレーメトロ(2)ライトレールを待ちながら、挨拶と握手で始まる出会い

「バレーメトロ」は空港行きの「スカイトレイン」と接続している 「バレーメトロ」は空港行きの「スカイトレイン」と接続している

 「ぼくはティムだ」。ホームで自分から名乗り、笑顔で握手をして回っているのは若い黒人男性。アリゾナ州フェニックスのライトレール「バレーメトロ」車内で発生した騒動により、途中下車した乗客たちは次の列車を待っていた。ピリピリした空気の中に放り込まれたひとりの大男。身長171cmの私が見上げるほどだから190cm近いのかもしれない。なんとなく周囲が警戒して距離を置いているのを感じたのだろう。ベンチでタバコを吸っている白人男性にも和やかに話しかけている。

 ホームや対向車線の車両を撮影していると、ティムは私のところにもやって来た。「コンニチハ、アリガトウ。日本が大好きだ。日本女性は全員美人」。いいよ、無理してお世辞言わなくて。

 たくさん写真を撮っている私が、ティムには不思議に見えたのだろう。「インスタグラムにアップするのか」と聞いてくる。日本の読者に向けて旅のレポートを寄稿すると答えると「それならぼくの写真を撮ってよ。さっきは怖い思いをしたかもしれないけれど、黒人がみんなそうなわけじゃない。だいたいぼくだって怖かったんだ。フェニックスにはフレンドリーで日本が大好きな黒人もたくさんいるって伝えてほしい」とティム。

続きを読む

このニュースの写真

  • バレーメトロ(2)ライトレールを待ちながら、挨拶と握手で始まる出会い
  • バレーメトロ(2)ライトレールを待ちながら、挨拶と握手で始まる出会い
  • バレーメトロ(2)ライトレールを待ちながら、挨拶と握手で始まる出会い
  • バレーメトロ(2)ライトレールを待ちながら、挨拶と握手で始まる出会い

「ニュース」のランキング