産経ニュース

【小池知事定例会見録】「そろそろ半年、これからも高速コース」 「東京大改革を進める都民ファースト実現のため、区民ファーストの方を応援」 「進退伺、どうぞ都連の方にお聞きいただきたい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「そろそろ半年、これからも高速コース」 「東京大改革を進める都民ファースト実現のため、区民ファーストの方を応援」 「進退伺、どうぞ都連の方にお聞きいただきたい」

記者会見する小池百合子都知事=27日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 記者会見する小池百合子都知事=27日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 「それから、都民ファーストの会が立ち上がりました。これまで私を支えてくれた、私はファーストペンギンという言葉をよく使いますけれども、その3人プラス豊島区の現職区議であります。それぞれやはり理解をしてくれる方々が、都議会の方におられるということは、これは先ほども申し上げた質と量とスピードという観点では、そのスピードの部分を担っていただけるのではないか、こう期待をしているところであります。

私の立ち位置については、今後考えていきたいと、こう思っております」

 --豊洲の関係で、先日のPTで豊洲の事業継続性が議論されて、前提条件はあるものの、豊洲では年間100億円の赤字になる。豊洲ないし市場会計全体の継続性について、知事の受け止めを

 「非常に重要なご質問だったと思います。今考えていることは、これまで既に豊洲市場建設に投入した土壌汚染浄化の為の費用であるとか、建設費であるとか、こういったことの計算と、それから、築地を改修するためにどれぐらいかかるのかといったような計算と、同時に、今後の市場の在り方そのものについての見通しをしっかり持っておくということが極めて必要だと思っています。よく言われる持続可能性ということであります。この築地1つを見ましても、議論を重ねて、昨年の11月7日に移転が決まるまでの間に30年間の日時が費やされている間に世の中変わってきているわけです。という中で、物流が『BtoB』。『BtoC』にはならないけれども。ここが非常に革命的に変わっている中において、持続可能性というのをもう一度チェックする必要もあるということで、市場PTの方でそういった議論、分析をしていただいている」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「そろそろ半年、これからも高速コース」 「東京大改革を進める都民ファースト実現のため、区民ファーストの方を応援」 「進退伺、どうぞ都連の方にお聞きいただきたい」
  • 「そろそろ半年、これからも高速コース」 「東京大改革を進める都民ファースト実現のため、区民ファーストの方を応援」 「進退伺、どうぞ都連の方にお聞きいただきたい」

「ニュース」のランキング