産経ニュース

【小池知事定例会見録】「調査そのものに疑問が抱かれては、エンドレスになる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「調査そのものに疑問が抱かれては、エンドレスになる」

定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=20日午後、都庁(福島範和撮影)  定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=20日午後、都庁(福島範和撮影) 

 「すみません。まだあります。ICT先進都市の東京についての懇談会についてでありますけれども、IoTやAI(人工知能)などの、こういった分野をもっともっと東京で花開かせたいと。それから、前から申し上げておりますように、分かりやすく言えばテレワークなどがそうでありますけれども、東京2020大会を、IoT、そしてAI、そのショーウインドーにもしたいということで、そのための懇談会を設けるということでございます。IoT、ICT、もういっぱいありますけれども、それにAI、これを含めて、東京の将来像を議論して、これを踏まえまして、都での戦略を策定する予定といたしております。第1回は、これも1月30日(月曜日)となっております。オープンデータをどのようにして活用していくかなど、幾つもの課題がございますけれども、こちらの方のお知らせもさせていただきます」

 「それから、次は教育であります。教育については、『東京都教育施策大綱』を策定いたしましたので、お知らせをしておきます。これまで2回にわたりまして開催してまいりました『東京都総合教育会議』でありますけれども、教育委員会との協議、パブリックコメントによる都民の皆様方からのご意見を踏まえまして策定したものでございまして、期間は平成32年までといたしております。新しい東京を創り上げるというのは、結局は人ですということでございまして、今後の東京の将来像と目指すべき子供たちの姿を3点示し、これをベースに進めてまいるということであります」

 「特に優先的にまとめていきたい重要な8つのポイント、1が『全ての子供が学び成長し続けられる教育の実現』ということで、教育の機会の格差をなくすというのも、私は大きな標題とさせていただいて、今回、給付型の奨学金を創設するなど、子供たちの夢、そして目標の実現に向けた支援、『ゆめナビプロジェクト』などの取組を進めてまいります」

続きを読む

「ニュース」のランキング