産経ニュース

【小池知事定例会見録】「調査そのものに疑問が抱かれては、エンドレスになる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「調査そのものに疑問が抱かれては、エンドレスになる」

定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=20日午後、都庁(福島範和撮影)  定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=20日午後、都庁(福島範和撮影) 

 「それから、移転をしないのかどうかというのは、今、その判断を重ねてきているわけですから、まさしくその結果を待つということも一つだと思います。ただ、いつまでもやっているのかというと、ここは私はまさしく悩むところであり、そしてまた、安心と安全という、まとめて言いますけれども、このあたり、安全性が数値で確認されたとしても、『本当に大丈夫?』という消費者の心理とか、いろいろありますけれど、このあたりどうやっていくのか。私も、しっかり考えていきたいと思っております」

 --豊洲の地下水モニタリング結果について、安全と安心で、地下の問題と地上を切り離す考え方についてはどう受け止めているのか

 「平田先生はまさしく専門家でいらっしゃいます。ご専門の立場から、そのようにおっしゃったのだと理解をいたします。一方で、私は一般消費者の1人だと思っておりまして、地下と地上と分けるのというのを、理解していただけるのは、なかなか難しいものがあるなとも思うわけであります。よって、再調査のことも待ちたいとは思いますが、とにかく調査そのものへの信頼を取り戻すということも、これもまた新たな課題として出てきているようでございますので、改めて総合的に判断をすると、この言葉をもう一度使わせていただきたいと、このように思っております」

 「以上で、本日の記者会見を終わらせていただきます。詳しくは、その後、加毛先生の方にもお聞きいただければと存じます」

 「ありがとうございました」

「ニュース」のランキング