産経ニュース

【小池知事定例会見録】「調査そのものに疑問が抱かれては、エンドレスになる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「調査そのものに疑問が抱かれては、エンドレスになる」

定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=20日午後、都庁(福島範和撮影)  定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=20日午後、都庁(福島範和撮影) 

 --政府が提出を予定している共謀罪について、どのような議論が進むのが望ましいと考えるか

 「法案のタイトル、変えられた方がいいのではないでしょうか」

 「国会がお決めになることでありますけれども、これまで何度か議論をされてきて、自民党の中にも反対される方もおられたやに記憶をいたしております。ただ、どのようにしてこのテロという対策をとっていくのか、現行法だけで十分なのか、国会で十分議論をなされることを期待いたしております。それに尽きます」

 「では最後、申し訳ありません、お一方、参りたいと思いますけれど。初めてかしら」

 --豊洲新市場の今後の再調査は具体的にどう進めていくのか。豊洲市場の移転を白紙に戻す判断はあり得るか

 「再調査については、既に専門家会議の方で、今回出てきた数字は暫定値だということで、平田先生自身が驚かれて、そして、もう1回調査をすると。それも、複数の社に分析をお願いするという形になっております。再調査の場合は、採水をする際に専門家の会議の委員が立ち会う、場合によっては報道の皆さんも立ち会っていただくということで、お願いを進めていくということであります」

 「それから、クロスチェックをするということで、三つの機関に依頼をする予定でございます。専門家会議の指示で、地下ピットの空間の調査を行った会社、これから都が新たに、先ほどのご質問ですけれども、もう一度、入札をする形で発注する会社、東京都の公益財団法人で、東京都環境公社というのがございますけれども、こちらの方に依頼をするということを、私は聞いているところであります。これが1点」

続きを読む

「ニュース」のランキング