産経ニュース

【小池知事定例会見録】「調査そのものに疑問が抱かれては、エンドレスになる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「調査そのものに疑問が抱かれては、エンドレスになる」

定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=20日午後、都庁(福島範和撮影)  定例記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=20日午後、都庁(福島範和撮影) 

 --移転への影響については

 「これは、よく調べてみなければ分かりません」

 --影響もあり得るということか。移転そのものがなくなるとか

 「それとは、また切り離して考えていきたいと思います」

 --去年と今年でインタビューやぶら下がりでの言い回しが、非常に具体的で、直接的な発言に変わっているという声が多く上がっている

 「いいではないですか」

 --何か意識の変化はあったのか

 「まあ、それは皆さんでご判断ください」

 --例えば、個別具体的だとか、何か、ちょっと否定するような、そういった名前を挙げたりということが多い気がするが

 「それは皆さんでご判断ください」

 --知事の政治塾。週明けにも1次公認を発表するのか

 「もう本当に皆さんの履歴から、GABと言われる、いわゆる性格診断、適性診断テストというのでしょうか、そして論文、私も全て目を通してはおりますけれども、おびただしい数であり、かつ驚くことに、本当にすばらしい人材ばかりでございます。事務局の方で、今、私自身が審査をした上で、最終的にまとめるということだと思います。それから、また、追加試験等々もございますので、先日の試験を受けた方に対しての合否ということについては、今日決めると段取りをしているかと思います」

 「一言で言うと、本当にうれしい悲鳴であるということ、そこから絞り出していくのは大変難しいぐらいであるということ、もう感想を述べるとすれば、そういったところでございます」

 「それから、公認については、これから、政治でございますので、いろいろな流れがございます。それを見ながら、発表していくことになろうかと思っております」

続きを読む

「ニュース」のランキング