産経ニュース

【この人に聞きたい】“ジャンプの女王”サラ・ヘンドリクソンが歩む完全復活への道「SARAはビックリするほど超強い」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【この人に聞きたい】
“ジャンプの女王”サラ・ヘンドリクソンが歩む完全復活への道「SARAはビックリするほど超強い」

2シーズンぶりにW杯に復帰したサラ・ヘンドリクソン=1月15日、札幌市内 2シーズンぶりにW杯に復帰したサラ・ヘンドリクソン=1月15日、札幌市内

 “女王”がシャンツェに帰ってきた。ノルディックスキー・ジャンプ女子のサラ・ヘンドリクソン(米国)が右膝の大けがを乗り越え、2季ぶりにワールドカップ(W杯)に参戦している。かつてW杯個人総合初代女王に輝き、2歳年下の高梨沙羅(クラレ)と激しくトップを争ってきた22歳に、復活までの道のり、ライバルのこと、来年の平昌五輪などについて聞いた。(宝田将志)

 --今季、2シーズンぶりにW杯に復帰しました。自身の戦いぶりは、どうですか

 「今はゆっくり自信を取り戻している状態です。ただ、少しイライラしています。というのは、勝ちたいけど、そうはいかない。強い選手が増えているので、そのレベルまで到達することは簡単じゃない。我慢しなければいけません」

 --2013年夏、練習中に右膝を痛めました。15年夏にも同じく右膝を痛め、15~16年シーズンは一度も出場なしでした

 「13年に大きな手術をして、14年にも小さな手術をしました。15年には2回大きな手術をしました」

 --ソチ五輪前だった13年の負傷と、2度目となった15年の負傷。どちらがきつかったですか

 「15年がつらかった。歩けるようになるまでは2週間くらいでしたが、そこから、なかなか元の状態に戻すのに時間がかかりました。ジャンプができない時期が1年半もあって、すごく怖かった」

 --それは「もう飛べないんじゃないか」という怖さですか

 「競技をやめなくちゃいけないのではという心配がありました。いつも一生懸命、自分で自分を奮い立たせようとしていましたが」

続きを読む

このニュースの写真

  • “ジャンプの女王”サラ・ヘンドリクソンが歩む完全復活への道「SARAはビックリするほど超強い」
  • “ジャンプの女王”サラ・ヘンドリクソンが歩む完全復活への道「SARAはビックリするほど超強い」

「ニュース」のランキング