産経ニュース

【鉄道ファン必見】JR貨物の「電車でGO!!」をやってみた 踏切の陰から男性が飛び込んできて…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
JR貨物の「電車でGO!!」をやってみた 踏切の陰から男性が飛び込んできて…

新形式機関車シミュレーター=東京都品川区の中央研修センター 新形式機関車シミュレーター=東京都品川区の中央研修センター

 JR貨物の運転士を養成する中央研修センター(東京都品川区)。そこには、非常に珍しい機関車のシミュレーターが設置されている。まさに貨物列車の「電車でGO!!」。初挑戦の記者がやってみた。

まさに本物の迫力

 中央研修センターにはシミュレーターが計4台ある。新形式機関車2車種(EF210、EH500)と国鉄型1車種(EF81)、ディーゼル機関車1車種(DE10)。平成6年10月に運輸大臣(当時)の指定を受け、運転士の養成や教師研修などを行っている。

 記者が挑戦したのは、新形式シミュレーターのEF210だ。運転席前面に設置された大型モニターに映る景色を見ながら、実車と同じ運転台を使う。さっそく運転席に乗り込むと、圧力計、速度計、電流計が目に入った。まさに本物だ。

 「右側がアクセルに当たるマスターコントローラー(マスコン)、左側がブレーキです」。JR貨物の運転士経験者の職員から基本的な操作方法を学ぶ。何事もなければ、この2つのレバーだけで運転できるはずだという。運転士を養成する機械だけあって、何事もないはずがないのだが…。恐るおそる右側のマスコンを手前に引いた。

「ホームでは走らないでください!」

 出発点の設定は、岐阜県の東海道本線醒ヶ井駅付近。緩やかなカーブの線路上からスタート。10両以上のコンテナ車を積んだ貨物列車だけあって、動き出しが遅い。加速もなかなかしない。

続きを読む

このニュースの写真

  • JR貨物の「電車でGO!!」をやってみた 踏切の陰から男性が飛び込んできて…
  • JR貨物の「電車でGO!!」をやってみた 踏切の陰から男性が飛び込んできて…
  • JR貨物の「電車でGO!!」をやってみた 踏切の陰から男性が飛び込んできて…
  • JR貨物の「電車でGO!!」をやってみた 踏切の陰から男性が飛び込んできて…
  • JR貨物の「電車でGO!!」をやってみた 踏切の陰から男性が飛び込んできて…
  • JR貨物の「電車でGO!!」をやってみた 踏切の陰から男性が飛び込んできて…

「ニュース」のランキング