産経ニュース

【教えて!goo】メンタルトレーナーに聞いた! 緊張を緩和する方法とは

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【教えて!goo】
メンタルトレーナーに聞いた! 緊張を緩和する方法とは

緊張というものは恐ろしい。なぜなら、毎日のように試合に出場しているプロ野球選手や、年間にいくつものステージをこなす俳優や歌手でも、ここ一番という時に魔が差したように緊張に襲われ、失敗してしまうことがあるからだ。メンタルトレーニングを積み重ねた優れたアスリートでも、4年に1度しかない五輪の時など、気持ちをうまく制御できず実力を発揮できなかった例は少なくない。ましてや、大舞台に慣れておらず、日常的にメンタルトレーニングを積み重ねていない一般人の場合、試験や会社での大事なプレゼンテーションをどのように乗りきればよいのだろう。そこで、心理カウンセリングやメンタルサポートを行っている、キャリア教育研究所コアペリ代表の新田猪三彦さんに、緊張を緩和する方法を聞いてみた。

筋肉の緊張と弛緩を繰り返してみよう

意外にも新田さんは、心を直接コントロールするのではなく、身体を使ってメンタルをリラックスさせる方法を教えてくれた。

「まず一つ目は、医学部を受験する生徒が試験や面接、発表などで行っている方法についてお話ししましょう。エドモンド・ジェイコブソンが開発した『漸進的筋弛緩法(ぜんしんてききんしかんほう)』というもので、筋肉の緊張と弛緩を繰り返し行うことにより、身体のリラックスを導く方法です。分かりやすく説明しますと、筋肉の完全な弛緩を誘導するために、各部位の筋肉を数秒間緊張させた後に弛緩することを繰り返していきます。本格的にこの方法を実践するためには、身体の部位を何カ所にも分けて行う必用があるのですが、生徒にとっては、それを覚えたり、きちんと手順を守ったりしないといけないという気持ちが、逆に緊張やストレスになってしまいます。そこで『手をグーの形にして、肩に力を入れて、さらに歯を食いしばって、息を吸って、止めて……10秒くらい力を入れたら、一気に息を吐いて、力を抜きましょう』と伝えています」(新田さん)

単純な筋肉の緊張と弛緩の繰り返しでも、心がほぐれてくるということだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング