産経ニュース

【クローズアップ科学】「千葉時代」誕生か 地質年代名で日伊が激突 地層の優劣、年内にも決着

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【クローズアップ科学】
「千葉時代」誕生か 地質年代名で日伊が激突 地層の優劣、年内にも決着

地球史に日本の地名を 地球史に日本の地名を

 地球の歴史を刻む地質年代に、初めて日本の名称がつくのか注目が集まっている。地球の磁気が逆転した数十万年前の年代名について、日本は千葉県に由来する「チバニアン」(千葉時代)を提唱してきたが、命名を争うイタリアとの攻防が激化。年内にも決着する名前の行方を探った。(草下健夫、原田成樹)

 地球の誕生から現在までの約46億年を時代ごとに区切ったのが地質年代だ。地球の磁気や生物、気候などの変化を基に古生代、中生代などの大きな年代や、さらに細かい年代が決められている。

 まだ名前がない年代もある。恐竜が絶滅して哺乳類が繁栄した新生代のうち、約77万~12万6千年前の「第四紀中期更新世」がその一つだ。この名称をめぐって日本とイタリアが激しく争っている。

 命名にあたっては、その年代の境界が現れた地層を各国の研究チームが国際地質科学連合に申請。年代の見本となる基準地に決まると、地名に由来する名称がつけられる。

 日本は千葉県市原市の地層を基準地にチバニアンを提唱。イタリアは南部2カ所の地層を提案し、いずれも地中海のイオニア海に由来する「イオニアン」の名前を目指す。同連合は5月末に申請を締め切り、作業部会で数カ月後に最有力地を決め来年にも正式決定する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「千葉時代」誕生か 地質年代名で日伊が激突 地層の優劣、年内にも決着
  • 「千葉時代」誕生か 地質年代名で日伊が激突 地層の優劣、年内にも決着

「ニュース」のランキング