産経ニュース

【衝撃事件の核心】「なぜ逮捕されたのか分からない」京大卒エリートが超えた一線 講談社敏腕編集者 妻を殺害の真相は… 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「なぜ逮捕されたのか分からない」京大卒エリートが超えた一線 講談社敏腕編集者 妻を殺害の真相は… 

朴容疑者の自宅前には、子供用の自転車や三輪車が置かれていた=10日、東京都文京区 朴容疑者の自宅前には、子供用の自転車や三輪車が置かれていた=10日、東京都文京区

講談社が誇るヒットメーカー

 朴容疑者は、数々の人気漫画を世に送り出した講談社の敏腕編集者として知られる。京都大法学部を卒業後、平成11年に講談社に入社。週刊マガジン編集部や別冊マガジン編集部を経て、事件2カ月前の昨年6月にモーニング編集部の編集次長になった。順風満帆の仕事ぶりだった。

 その仕事ぶりは、同僚や漫画家から「編集者としてセンスが抜群」「まさに“鬼才”」と高い評価を得ており、「実績をひけらかすことなく、誰からも好かれる面倒見のいい人」と信頼を寄せられるほどだった。

 また家庭では、4人の子供を持つ父として、ツイッターで子供の日々の成長をつづっており、男性編集者にしては珍しく育休制度を活用するなど、周囲からは積極的に育児に参加する“イクメン”だと思われていた。

家庭での姿は…

 「周囲はみな、(朴容疑者を)良い父親だと思っているが、そんなことない。育休を取っても子育てに参加してくれない」

 捜査関係者によると、妻の佳菜子さんは事件前、文京区の子ども家庭支援センターに「夫に子育てをめぐって暴力を振るわれている」と相談していたという。佳菜子さんはさらに「育児と仕事を両立できないなら、仕事を辞めろといわれた」「夫は『女は家庭にいるのが幸せ』だと思っている」などと漏らしていたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「なぜ逮捕されたのか分からない」京大卒エリートが超えた一線 講談社敏腕編集者 妻を殺害の真相は… 

関連トピックス

「ニュース」のランキング