産経ニュース

【経済インサイド】新サービス開発、ビッグデータ解析…変わる金融、広がるフィンテック

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
新サービス開発、ビッグデータ解析…変わる金融、広がるフィンテック

みずほ銀行八重洲口支店ではIBMの「Watson」と連携したPepperを導入するなど数多くのフィンテックの取り組みが体験出来る みずほ銀行八重洲口支店ではIBMの「Watson」と連携したPepperを導入するなど数多くのフィンテックの取り組みが体験出来る

 ITを活用した先進的な金融サービス「フィンテック」が国内でも広がってきた。大手銀行や保険会社は、ビッグデータの活用や人工知能(AI)の活用に取り組んだり、ベンチャー企業との協業で新たな金融サービス提供に乗り出したりしている。画期的なサービスを顧客の利便性向上や業務の効率化につなげる狙いだ。

 邦銀初の本格的なチャットサービス「みずほMessneger」を約2年前に始めるなど、フィンテック導入に力を入れているみずほフィナンシャルグループ(FG)。傘下のみずほ銀行では、スマートフォン向けのアプリを活用して入出金明細を一生閲覧できる「一生通帳」や、資産運用ロボによる無料助言サービス「SMART FOLIO」などを展開。ベンチャーや外部機関とも協業しながらユニークなサービスを数多く進めている。

フィンテック(Fintech) 「Finance(金融)」と「Technology(科学技術)」を組み合わせた造語。仮想通貨や米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を使った支払いサービス「アップルペイ」など、IT企業を中心に異業種から参入が相次いでいる。顧客を奪われかねないとの危機感から、各銀行は関連部署を設置したりIT企業との提携を加速したりしてサービス拡充を競っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新サービス開発、ビッグデータ解析…変わる金融、広がるフィンテック
  • 新サービス開発、ビッグデータ解析…変わる金融、広がるフィンテック

「ニュース」のランキング