産経ニュース

【新春・話題ネタ先読み】2017年子供に「プレゼン」の時代 将来役立つ能力育成専門塾が盛況に 社会部 篠原那美

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【新春・話題ネタ先読み】
2017年子供に「プレゼン」の時代 将来役立つ能力育成専門塾が盛況に 社会部 篠原那美

パソコンで作ったオリジナルマークを見せ合い、互いに意見を言い合う生徒ら=東京都港区の子ども未来キャリア塾(篠原那美撮影) パソコンで作ったオリジナルマークを見せ合い、互いに意見を言い合う生徒ら=東京都港区の子ども未来キャリア塾(篠原那美撮影)

学校では黙ってしまうけど「発言は楽しい」

 昨年5月に開校した同塾のカリキュラムには「プレゼンテーション能力」や「創造力」、「批判的思考」や「論理的思考」など社会に出てから必要とされるビジネススキルが並ぶ。

 授業では、講師と生徒の問答や生徒同士の対話、協働作業といった「アクティブ・ラーニング」を採用。教師が一方的に話す一斉授業と異なり、発言や質問が終始飛び交う。

 「日本の若者は就職試験で初めて自己PRやディスカッションをすることを迫られるが、学校生活ではそうしたスキルを身につける機会があまりない。早すぎると言われるかもしれないが、小学生のころから論理的に考え、発言することに慣れていれば、就活でも社会人になってからも、人前で話すことが怖くなくなる」と、同塾を運営するイー・ラーニング研究所の多田恭平さんは説明する。

 この日は、自分だけのマークをパソコンで作る授業もあり、生徒らは講師に言われなくても、できあがった作品を互いに披露し、意見を言い合った。

 小学5年生の女子生徒(11)は「学校では、はっきり自分の意見を言うと、相手が傷ついてしまうかもしれないと思って黙ってしまうけど、ここではみんなが意見を言える。自由に発言できるのは楽しい」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 2017年子供に「プレゼン」の時代 将来役立つ能力育成専門塾が盛況に 社会部 篠原那美

「ニュース」のランキング