産経ニュース

【新春・話題ネタ先読み】2017年子供に「プレゼン」の時代 将来役立つ能力育成専門塾が盛況に 社会部 篠原那美

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【新春・話題ネタ先読み】
2017年子供に「プレゼン」の時代 将来役立つ能力育成専門塾が盛況に 社会部 篠原那美

パソコンで作ったオリジナルマークを見せ合い、互いに意見を言い合う生徒ら=東京都港区の子ども未来キャリア塾(篠原那美撮影) パソコンで作ったオリジナルマークを見せ合い、互いに意見を言い合う生徒ら=東京都港区の子ども未来キャリア塾(篠原那美撮影)

 少子化が加速し、塾業界の多様化が進む中、将来役立つ「プレゼンテーション能力」を子供のころから育成するユニークな塾が相次いで登場している。対話重視のアクティブ・ラーニングを取り入れたり、読書の個別指導で感想を引き出したりと、子供が自由に意見を述べられる環境や機会を提供しており、2017年も盛況となりそうだ。

講師との対話で意見を引き出す

 東京都港区にある「子ども未来キャリア塾」。室内をのぞいてみると、生徒3人が電子黒板に映し出された1枚の写真を眺めていた。

 髪や肌の色が異なる複数の陸上の男子選手が駆け出す瞬間を捉えたこの写真は、1964年の東京五輪ポスターに採用されたものだが、五輪に関する文字やマークを隠しているため、子供たちには五輪のポスターとは分からないようになっている。

 「これは何のポスターで、どんなメッセージが込められているんだろう?」。講師の岩崎格大さんが質問すると「オリンピック」「世界陸上」という声に続き、ある生徒がこう答えた。

 「『人種差別をしない』だと思う。いろんな人種の選手が平等に走っているから」

 岩崎さんは目を細めて、「なるほど、そうだね」とうなずいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 2017年子供に「プレゼン」の時代 将来役立つ能力育成専門塾が盛況に 社会部 篠原那美

「ニュース」のランキング