産経ニュース

【2018大予測】村上春樹さん、今年もノーベル文賞は取らない? 「女性の扱い」問題か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018大予測】
村上春樹さん、今年もノーベル文賞は取らない? 「女性の扱い」問題か

作家の村上春樹さん 作家の村上春樹さん

 ただ、毎年秋に繰り返されるノーベル文学賞をめぐるメディアの“狂騒曲”を「過熱しすぎだ」といさめる声も少なくない。

 「日本ではノーベル文学賞が持ち上げられ過ぎなきらいは確かにあります。何も『世界最高権威』だと考える必要はない」と沼野さんは言う。

 最終的にノーベル文学賞の選考にあたるのは、18人の会員からなるスウェーデン・アカデミー。会員は全員がスウェーデン人で、文化的に共通するものが多い欧州勢が有利だとも言われている。

 そもそも、国籍や言語を限定せず、世界にあまたいる文学者の中から1年に1人だけを選び出すのは至難の業だ。受賞者のリストをながめていると、時代や国境を超えて読み継がれているような大物作家たちが軒並み選にもれているのが分かる。逆に受賞者のなかには、現在では忘れ去られているような書き手もいる。

 川村さんは「存命作家に贈られる賞だけに、タイミングなど運不運が占める要素もかなり大きい。受賞できていない作家の作品が駄目だというわけでは決してないのです。カフカ、ジョイス、プルースト、ボルヘス、ナボコフ…。受賞していないこれらの作家の名だけで豊かな世界文学史が編めるのですから」と話す。

 村上さんや日本人作家だけを注視せず、自分が知らない海外の作家が賞を得たら、その作品を手にとって読んでみる-。自分の中に現在進行形の「世界文学の読書ガイド」を作るような気持ちで、賞を見守るのも一興かもしれない。(文化部 海老沢類)

このニュースの写真

  • 村上春樹さん、今年もノーベル文賞は取らない? 「女性の扱い」問題か
  • 村上春樹さん、今年もノーベル文賞は取らない? 「女性の扱い」問題か
  • 村上春樹さん、今年もノーベル文賞は取らない? 「女性の扱い」問題か
  • 村上春樹さん、今年もノーベル文賞は取らない? 「女性の扱い」問題か

「ニュース」のランキング