産経ニュース

【新春・話題ネタ先読み】2017年「マザコン」が死語に…息子が彼氏代わり、母と息子の関係が変わる 文化部 玉崎栄次

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【新春・話題ネタ先読み】
2017年「マザコン」が死語に…息子が彼氏代わり、母と息子の関係が変わる 文化部 玉崎栄次

イラスト・西口裕之 イラスト・西口裕之

 「マザコン」という言葉は2017年、死語になるかもしれない。母親と過剰なまでに仲がよく、「ママっ子」「ママ充」などと呼ばれる思春期の男子高校生らが増えていそうで、その関係は、まるで“カップル”のようだ。親子関係が変化しているのだろうか。

 2016年8月、女性週刊誌「女性セブン」にある写真が掲載され、話題を呼んだ。人気歌手の安室奈美恵さん(39)が若い男性と一緒に東京・渋谷を歩く姿。記事によると、男性は高校生の息子だという。その様子は、まるで恋人のようでもあった。

 高校生といえば、母親と歩くことに「照れ」を感じる年頃でもある。しかし、近年、こうした仲のいい母と息子の関係はそう珍しいものでもない。

 堺市の高校3年の男子生徒(18)は、母親と買い物に出かけ、服屋ではファッションをコーディートしてもらうという。「全く抵抗感は感じない」

 長野県辰野町の高校2年の男子生徒(17)は「母親と仲がいい方がかっこいい」と話す。日常的に母と2人でスーパーマーケットに買い物に出かける。並んで献立を考えたり、学校の話をしたりして有意義な時間になっているという。

 NHK放送文化研究所が平成24年に実施した調査では、悩み事の相談相手を「友達」と回答した高校生(男女)は59・6%で30年前の調査から減少。一方、「お母さん」と答えたのは25・0%でこちらは増加している。また「お母さんはわたしのことをよくわかってくれる」と考えている高校生の数も86・8%で過去最高となった。

 男子高校生への母親の影響力の高まりを物語る調査もある。

続きを読む

「ニュース」のランキング